fc2ブログ
2011_10
10
(Mon)22:14

"夜明け前"・1-02

夜明け前 -before dawn-

【プロローグ:西暦 2195年】
00 prologue・・・新入生

【第一章】(2007-06)
01 入寮
02 食堂01
03 食堂02
04 入学式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ニ.食堂 01】

 食堂へ向かいながら、2人は互いの情報を交換した。

 「古代はどこから? 俺はメガロポリス東区の黎明ジュニア出身。適正検査受けたらさ、
向いてるってことになって。もともと宇宙(そら)飛びたかったしね、まぁこんな時代だし」
 明るく言い放つ島大介の目に憂いはない。
 進はどう答えようかと迷った。
 「ぼく――俺は、三浦半島のA村」

 …遊星爆弾でやられちゃってね。
という科白を進は呑み込んだ。そして、これだけ言った。
「ちょっとあって…入院してたんだ」

 え、と大介は足を止めた。
 ――それじゃぁ…。

 何か、気づいたかな――。

 両親も、親戚も――皆、居ないよ。――死んだんだ、爆弾(あれ)で。
 言ったわけではない。
進はそのまま黙った。

 こくりと頷いた大介は――そしてそれ以来、後々までそのことに触れることはなかった。


- ☆ -

 そういえばさ。
 俺たち最年少だぜ――。

 どこからそういうことを知ってくるのか、料理を摂るためのトレイをほい、と
渡してくれながら大介は耳打ちするようにそう言った。
 「中学新卒って何人かいるらしいけどね――半分くらいは転属か民間からだって。
 高校からもいるみたい」
 「へぇ、そうなの…」
 進はわりあいそういうことはどうでも良かった。

 高校を卒業して、ある程度の学力があれば、防衛軍訓練学校――つまり、兄の卒業
した学校へ入ることは、此処へくるためにいろいろ調べた進も知っていた。
そして、現在は旧防衛大に当たるその機関が休校状態にあるということも。
 要するに、非常時である。
――高校からの編入は此処、併設された少年宇宙戦士訓練学校の新入生となるらしい。

 だけど。
 大人の中か――そんな思いもある。

 俺たち同い歳なんだよ――まぁ俺の方が半年お兄さんだけど?
 いたずらっぽい目を輝かせながら、島大介はそう言った。


- ☆ -

 「おっ、学年1番と次席がお揃いだなっ」

 でかい声がして、見るとガタイの大きさが目立つ男が目の前に立っていた。
 いいか、ともいわず、大介と進のテーブルにどっかり座り込む。
それに続いてぱらぱらと2~3人が囲んできた。
 「邪魔するよ」「僕らも新入生なんだ」

 「俺は、加藤三郎。こいつは」
 「鶴見二郎だ」
 「吉岡英(すぐる)」
 「九重ここのえ隆一」
わいわい、と囲まれて目を白黒する進と大介。
 「俺たち四人部屋なんだぜー」「ひいきだよな」
「うるさいから集められたとか?」
 「皆、飛行機乗り志望だ」「お前らは?」

 あ、あぁ――と進は大介と目を見合わせた。
喉に食べ物詰まっちゃいそう。
「古代、進――」
「島大介だ。よろしくな」
チビで年下はわかってるのに、それに臆せず、すでにツルんでいるらしい
そいつらを真っ直ぐ見返すと、穏やかな口調で大介はそう言った。
 内心、進は――こいつ、ただもんじゃない。そう思った。

←before ↑contents →next(03・食堂2)