fc2ブログ
2010_11
07
(Sun)00:10

こんな時期に何ですが:南部ちゃんの話

 表題のとおり。
 実は、この2か月ほどの間、ちょろちょろとお話を作って(仕上げて)いて、4本くらい出来ていました。もう数年も放置していたものもあれば、リクエストとかいただいてさくっと上げたものもあります。書きかけのものもあります。「古代進&森雪百題」については、随時上げようと思って、コンプリートを進めてきましたが、そうでない「御題」の方も、まだ埋まっていないんですよね。それだけでなくオリジナルの方の執筆も「途中まで」出来て何人かにだけ見せては「続きはっ!?」と言われている始末。おかしいなぁ、そんなことなかったはずなんだけど。…そろそろ「ヤマトという泥沼」からは抜け出せそうだということだろうか?

 『Space Battleship YAMATO』 が公開され、また来年、新しくアニメがスタートしたりすれば、創作二次なんぞいう世界は(あくまで私の場合、ですが)どうなるかわかりません。メイサ@森雪の設定を知って、「う~むもはや(佐々)葉子は、存在する価値がないかも」と思わなかったか、といえばウソですしね。
 幸いなことに、書きたいことは一通りの世界の輪を閉じていて、あとは間に残されたいくつかの穴を埋めていく作業に入っているだけ。それで終わってもよいだろうという気分は、2年前に比べればしごく穏やかです。

                    ・・・
 相変わらず前振り長いっすね(^_^;)。
 ということで、手元の話はできれば映画公開前に出してしまいたいとか思いつつ、とりあえずだいぶん前に書いたまま、公開しようかどうしようかと思っていた1本。
 『ヤマト3』に立ち返った「三日月小箱百之御題2005版」より、南部ちゃんの話でございます。

 【三日月小箱百之御題/2005-No.15「長い髪」より】
 いつもと違う朝。

 7月から9月ごろにかけて書いた話です。短いものなので、箸休めに(?)どうぞ。
 沸騰した自分の頭にも良いかもしれない。いやもともと出すつもりはなかったんですが、ページがキレイに出来ちゃって、実は気に入ってたりするので、そうすると、見せたくなるんですなぁ(笑)。おめでたい(=莫迦!?)と言ってやってください。
 お楽しみいただければ幸いです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック