fc2ブログ
2011_04
06
(Wed)23:55

語らなければいけない人々

 Twitterとか見ていると、直接知り合いというわけではないがまったく知らないわけでもない、という程度のつながりの著名人というかギョーカイでは有名程度というか、、、という人々がいろいろ「つぶやく」。私はまぁ、仕事の合間に見ているわけだからいいのだが、確かにフリーランス(というか自営の期間)の間に一回やめたのは正解だったよなぁと思うわけよ。四六時中「つぶやい」ている人、なんか凄いです。

 そういう中で、面白い情報が得られることもあるし、「へー、いまこんなことやってんだ」な、俗に言う“文化人”というような方々の行動もほのみえる。
 こんな状況の中で、原発についてやら、日本の将来についてやら、自粛と顰蹙と風評災害についてやら。こういう方々は、次々にコメントを求められ、テレビや雑誌に登場して対談やらコメントをこなし、、、というのをしなければならないから、「意見を曖昧にしておく」とか、「とりあえずやりながら考えましょう」というようなことはできないのですね。しかも、その人(例えば作家さんだったり、なんかのジャンルでよくがんばってる人だったりすると)のファンとかもいらっしたりすると、影響力も、大。ヘタすりゃ扇動しちゃうから、迂闊なことはいえない。だから必死こいて情報集めてる様子が伝わってくる。

 なんだか唐突に、「あぁ、これって仕事で『意見』持ってる」んだな、と思ったわけである。
 ただし、政治家とかとちがって。それはあくまでその人本人の意見で、飾ってたりとかはしないんだろうけど。どうせバレるもんね。

 彼らに共通していえるなぁと思ったのは。
 「情報遮断力」と、「ある種の大胆さ」は皆さん持ち合わせていらっしゃる。それと、「日拠らない」なぁ。
 何か意見をいえば、それを糾弾する人はいるわけで、TwitterとかSNSだと、直撃するから、普通の人は参ってしまうこともあるのだ。

 つい先日も、某SNSでヤマト関係のコミュだか掲示板だかを頼まれてリーダーやっている人から相談を受けた。自分の意見を言うのが難しいのだといっていて、いろんな意見をとりまとめる方向にいくのか、ヤマトファンとして自分が正しいと思う道を進めばいいのか、わからなくなった、と悩んでおられた。
 思いやりのない私は、「そんなの言い出す方がおかしいんだから、反論しろ」とかキツいことを言ったんだけど(笑)。。。申し訳なかったかもしれないなぁ、、、

 ところで話がぴょんぴょん跳びますが、今年はヤマト的にはどういう年になるのだろう? 5月頭くらいになれば、少し情報が出てくるのではないかと、思いますけどね~。
 アフレコが終わったという情報が出回っていたけど、病気療養中の真田長官はどういうことになるのであろう。ヤマトを見送ったあと、地球的規模で吹き荒れた嵐の中でずぶ濡れになったから、肺炎を起こして寝込んだ…とかいう設定じゃだめかしら。で、地下都市の秘密の部屋で療養しながら、脳だけでいろいろ動かすの(^.^)♪(<フトドキ者)

                   ・・・
 桜もそろそろ散り始めましたね。今日は少し温かかったから。なんとか週末までもってほしいものです。

 週末といえば、都知事選なのですが。
 う~む(-_-)。あのなぁ、、、
 という気分です、正直言って。
 自粛だかなんだかわからないけど、えっらい静かな選挙戦で。こういう戦いになると、知名度の高い方が圧倒的に有利なんですよ、当然。それで、パフォーマンスとしか思えない現知事の老獪さとか、やるよなぁと思いながら、やっぱ宮崎県放り出して来ちゃったあっちか、こっちしかないのか? これで現職某知事再選なんてことになったら、あたしゃ本気で東京都民、見捨てる。放射性物質風評程度じゃ逃げませんが、捨てたくなるぞほんと。
 ……とまぁ、まじめに考えるとため息ばかりなり。

 だけどまぁ246の桜もキレイで、青空は広がっているのであった。…しかし。一週間に何日、上野に通っているのであろう? 明日も行きます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック