fc2ブログ
2011_08
06
(Sat)15:26

『復活』

 昔。

 ♪ここは、美しい。それは此処が、此処だから…♪

 という歌があって(合唱曲になっていた)、中学生の頃、歌って「なんじゃこりは?」思った覚えがある。有名な作品の一部を曲にしたということらしかったし、曲が美しいから、いまでも冒頭だけは覚えているんだけど。
 わけわかんなかったよね~。

 久しぶりによそ様のblogをゆっくり訪問してて、たまたま>胡蝶の夢一期の夢) 此処を見てそう思ったりした。
 生まれ育った村が大切。そう思う、を背景に江戸時代の人々の生き様を描いた、(と読み手は解釈したのだな)『雷桜』。…確かに映画の予告を見ても、瀬田村はとても美しく描かれていた。
 旅から旅。北海道をローカル線に乗ってとことこと行く。いまいる場所を離れてどこかへ行く時、人は地軸の移動を実感するような気がするんですね、私も旅に出ることは少なくない方だから。

 此処ではないどこか と、 此処。

 小さい頃から転勤族の子、で育つと、故郷を求める気持ちは強くなる…と思う。いやもちろん個性の違いはあると思うけど。自分の生まれた土地がふるさとである必要はないけれども、ただ他所へ憧れて、出ていくのでも意味はない。
 環境を変え、きっかけをつかみ、自分を変え……いろいろなものを後ろに捨てると。すっきりします(^_^)♪

 なぁんてことを思うのは。
 ようやく落ち着いたと思ってたんだけどねぇ、もう東京に30年、今の家に居を構えて10年以上経つ。このあたりは人が変化しない。少しずつ再開発されて人が増えてはいくし、稀には去っていくお年寄り世帯もあれば、解体された“昭和ン年代”のアパートもあるけれども。基本的に、来た人はそこに落ち着き、なじんでいく。(転勤で出ていっても、2~3年で帰ってきてるみたいですね)

 それが、重くなってきたかもね、と。
 留めるものがないですからねぇ、家族とか。10年分の埃となると、解体するにも(資料とかがわんさとあるので)力が必要だから、いますぐどうこうはできないけれども。7~8年前、移住しようって言った時に行っちゃえばよかったなぁ(笑)と思わなくも無い今日このごろ。
 動けなくなる前に、もうひとつ、なんかするべきなんだろうと思う今日このごろです(その前に、いまの仕事を引き継げる相手を育てないといかんしな~。若い人たちみんな、根性ないか能力ないんですよ~。すぐ辞めるし)。

                      ・・・
 マーラーの交響曲第二番『復活』。
 魂の故郷は、やっぱり、そこなのかなぁと思っていた若い頃。これはいまでも変わらないけれども、現世に未練がありすぎるのもどうかねぇ、と思うねぇ。
幸いなのは、お金や資産はあの世へつれていけないけど、音楽は持っていけるような気がする。ついてきてくれるというのかな。道案内になってくれるかな。バッハ三昧しているとそいう気分になりますね。

 ということで、唐突ですが、明日、マーラー歌います。
 合唱じゃなくて、ソロです(爆)。
 できんのかな~~~。
 今日もやってるはずですが、行けそうにないです。これから仕事の残りをやっつけないとね。なんかやる気でないな~~。一日くらいは休みたいからだと思うけど(<当たり前でしょ)。

 これから、昨日まで受け付けられた新月本の、残りの発送をします。ようやく在庫取ってきましたから、これ以降は『01』でも『05』でもオッケーですよん♪ ではでは。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック