FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_06
02
(Fri)15:04

訃報と10月の演奏会。

 指揮者のイルジー・ビュロフラーベクが亡くなった。71歳。指揮者の没年としては、若い方だと思う。たいへんに残念だ。

 チェコの有名指揮者で、少し前に、NHK交響楽団を振りに来て大変素晴らしい演奏をし、評判で3日間の定期公演中、あとになるほど人が増え、あのNHKホールが当日券がものすごく出た(完売で入れなかった人も)という、近年めずらしい指揮者だった。
 超一流か? といわれると、どっちだかなーという感じだが、私は好きで、まぁ、「上の世代の指揮者」である。
 実際、N響での演奏は、とても「好き」だった。

 そのビュロフラーベクが、長い付き合いの手兵、チェコ・フィルを率いて10月に来日。そして、ドヴォルジャークのチェロ協奏曲とブラームスの交響曲第4番を演奏する、というので。チケット代、高いな高いなーと思いながら、思い切って購入。何故なら、ソリストはジャン=ギアン・ケラスだし。曲もこれだし・・・というので。

 で、そういう人多いと思う。
 まずは、訃報に「残念。冥福を祈ります」。次に、「ええ~! 困った」である。
 もちろん指揮者は代役を立てるのだろうけれども、怖いのは呼びやさんが某・・であること。大手だけに、自分とこの簡単に呼べる人を差し替えて(ご自分たちは「格が高い・人気がある」と信じているところの)くることだ。
 ズェデニク・マーカル(『のだめカンタービレ』の映画版に、ヴィエラ先生役で登場しているので、こっち方面ファンには顔なじみなんだな実は)や、インバル(<っていう可能性はないだろう。いろいろ)ならまだしも・・・某Kや某Yだったら最悪。金返せもんだ。百歩譲って、アシュケナージでも。。。いいか。

 ただ、聴き手のキモチはどうあれ、オーケストラの楽員たちは、マーカルやアシュケナージより某Kとか某Yの方がいいかもしれないんだよ。それはまぁいろいろとね。でも、私しゃヤダぞー。

 ケラス-チェコ・フィル-ビェロフラーベクの三角形を楽しみにしていた身としては、とてもとても残念。
 そして、音楽界はまた、一人。貴重な時代の指揮者を失ったのです。

                     ・・・
 これとは別に、著名な弦楽器製作家であるルカ・プリモンも急逝している。
 この人はもっと若くて、才能があり素晴らしい指導者であり製作家だった。日本の才能ある(現在の)中堅をたくさん育ててもくれた人だ。こちらは、業界に激震走ってます。ご冥福を祈ります。 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。